医療脱毛のリスクとデメリット

個人差はあれどエステよりも確実に永久脱毛でき、かつての医療脱毛の主流だった針脱毛と比べると数段早く痛みも軽い、レーザー脱毛。

私はエステと医療脱毛クリニック両方いったのですが、クリニックでは、リスクについてきちんと医師自身が説明してくれるところがほとんどでした。
むしろカウンセリングでリスク説明を最初の方にしてから、契約や料金についての説明へ移るということが多かったです。
心配なことはその場でドクターに質問できたので良かったですね。
ということで、説明を受けてわかった医療脱毛のリスクについて解説していきたいと思います。

医療脱毛のリスク

やけどのリスク

まず、リスクとしては、医療レーザーはエステなどよりも強く、肌のメラニンに反応するのでまれにやけどのリスクがあります。 なので、クリニック側もリスクが上がらないように、日焼けなどについてはクリニック側は肌の状態をしっかり見ます。

日焼けしているとリスクが上がってしまうので、私たちも気を付ける必要があります。(私も行ったとき、、腕に少し日焼けがあったのですが、その間に他の部位から始めておいてもう少し日焼け度が下がった数か月後から始めたらどうか?と提案されてしまいました。)



毛嚢炎

脱毛後に、毛穴に雑菌が入ることで炎症を起こして毛嚢炎になることがあります。 医師いわく、「ニキビのような感じ」だそう。脱毛後はお肌の保護機能が弱ることがあるので、たまに起きるそう。
この場合は薬をもらえます。

硬毛化

最近ちょっと有名になってきたかな?というリスクがこの硬毛化。 私自身は経験がないのですが、毛が薄い部分(肩の部分など産毛のようなところにおこりやすいそう)の毛が硬くなったりしてしまうことがあるそう。
ただ、クリニックによっては、この硬毛化が起きたときには無料で追加照射してくれるというような保証を付けているところもあります。 気になる人は対応をあらかじめ聞いておくと良いでしょう。

脱毛も医療である以上はいろいろとリスクの可能性もあるのですが、確率としてはそんなに高くないそうですし、医療機関だとすぐに治療が受けられたり薬をもらえるのでその点は安心です。

医療レーザーのデメリット

<日焼けや色素沈着があると受けられない>
さっきも言ったように医療レーザー脱毛はやけどのリスクがないとはいえないので、日焼けなどには注意しないといけません。 季節によってちょっと紫外線対策が面倒になるのはデメリットといえるでしょう。
ただ、最近は、日焼け肌や色素沈着がある人でも受けられるヤグレーザーなどが使える機種を用意したクリニックもあるので、色黒や色素沈着が残りやすくで受けられるか心配な人はそういうクリニックに行くのもひとつの手です。

また主流の機種ではメラニン色素が薄い産毛や白髪はレーザーが反応しにくく、脱毛効果が下がってしまうこともデメリットといえます。

<出力が高い分痛みが出やすい>
昔行われていたものすごく痛いといわれる針脱毛と比べれば、全然良いのですが、光脱毛と比べれば出力が高い分痛みも強くなってしまう点もデメリットと言えますね。

エステぐらいとか痛くないんでしょ~?となめていると、あれ痛いんですけど!!となるようです(笑)
ですがレーザーは単一波長で(一点集中みたいな感じ)肌の奥の毛根までとても強いエネルギーで毛根を焼き切るものです。 エステのようなマイルドな光を当てているわけではないので、当然といえば当然で、だからこそ効果も高いのですね。
だから仕方がない部分もあります。
私は痛くても効果を求めていたのでこのあたりのデメリットは全く気になりませんでした。 医療脱毛ユーザーの中には、痛みは我慢してむしろもっと出力を上げてもらうという人もけっこういますよ。 あと機械の質も向上しており痛みをかなり軽減するなどの機械も 出ています。 vioはそれでもやっぱり痛みは大きめなので麻酔を使っている人もいるんだとか。 それでも使わずにいける人の方が圧倒的に多いですし、個人的には我慢できる程度だと思いますね。

<費用が高い>
一番気にしている人が多いのは実はこれかもしれません。
脱毛サロンの光脱毛と比べた場合、費用がどうしても高いと思う人は多いようです。

脱毛は当然美容目的なので保険適用外になってしまいますし、脱毛サロンのようにお試し1000円のようなすごく安い体験コースを設定しているところはまだそれ程多くありません。

それにエステよりも高いと感じても、レーザー脱毛の効果は光脱毛の2倍以上で回数を考えるとこれを考えるとコスパ的にはそれ程デメリットになっているわけではないとは個人的には思います。

また最近では脱毛専門クリニックなどがかなり増えてきており、キャンペーンでセット価格だとかなり安いです。 特に全身脱毛だとよりリーズナブルで、20万円台、30万円台などエステ脱毛とそこまで変わらないのでは?とびっくりする料金設定のクリニックも増えています。

<途中解約に注意>
料金が安くなっているという点に関して、ちょっと注意点を書きくわえておきます。
エステだと法例で規制されていることもあり、解約に関しては必ずできるというのが決まっています。
美容クリニックでも特に脱毛に関しては解約できるところがほとんどではありますが、内容によっては注意が必要。
キャンペーンでセット価格で契約後に途中解約した場合、消化した回数分は正規値段で算定されてしまい、返金が少なくなったりするケースもあるのですね。 セール品は返品が難しいみたいな感じ?

解約できるのか?解約時の手数料や、戻ってくるお金の計算方法については必ず契約前に確認しておいてください。
ちなみに私が行った大手のクリニックでは、大体契約前に解約や返金についてしっかり解説してくれました。 返金はクリニックによってけっこう違いがあるなと思いました。
いろんな病院や皮膚科があるので、小さいところなどで契約する場合は特にチェックした方が良いかもしれません。

ページの先頭へ